HOME業種から探す >事務所・オフィス

事務所・オフィス


侵入窃盗の13.6%が「一般事務所」への侵入です。平成24年には15,908件発生しています。
事務所の防犯を考える時に、良く言われるのが「現金や金目のモノは置いていない」ということです。こう考えて対策を取られていない経営者の方に対し、まず認識を変えていただくことが必要となります。
事務所への窃盗のことを「事務所荒らし」というように古くから侵入窃盗の対象となっています。特に最近は事務所内のパソコンなどを簡単に換金できるため、パソコンを持ち去る侵入窃盗被害も多発しています。又、侵入して備品などを傷をつけたり放火したりする被害や、新商品など機密情報を持ち去る被害、金庫ごと持ち去る被害もあり、侵入されないように防犯対策を取ることは企業として絶対に必要です。
事務所への侵入窃盗は、窓ガラスを割ったり、扉をこじ開けられたり、無施錠の窓から侵入される被害が多いため、窓・扉など開閉部分の防犯対策をまず行う必要があります。

侵入警戒システム(自主機械警備システムNEXT)

狙わせない抑止効果のある侵入警戒システムで事務所・オフィスへの夜間・休日の侵入を検知し、その場で「音と光」で威嚇撃退します。 同時に、管理者などあらかじめ設定した通報先にメールおよび音声メッセージにて自動通報します。

自主機械警備システムの詳細

入退出管理システム

重要な部屋(資料室・新商品開発室・役員室等)への入室可能な人間を制限するとともに、誰が、いつ入退出したかを自動的に記録することができます。

機密情報漏洩などを行うことが可能です。

 

 

テナントビル向けセキュリティシステム(侵入検知・バスネット)

●テナント監視盤を活用して各テナントやフロアーに対し警備システムのセット/リセットを共用部にある非接触カードによって管理できます。
●バスネットシステムは信号ラインの配線は2芯の送り配線のみで配線工事の手間を軽減します。又、テナント間の間仕切り変更などがあった場合にも簡単に対応できます。

簡易型伴連れ検知システム

●入場時、非接触カードスイッチにカードをかざすことで一定時間ワイドセンサーの機能が停止します。その間にセンサー間を通過します。
●非接触カードスイッチにカードをかざさずセンサーを通過した場合または2つのワイドセンサーが同時遮光した場合(伴連れ検知)に、音声報知器より警報のメッセージが流れ、LED回転灯が動作します。
●セキュリティゲートを設置することなく低価格で伴連れなどの不法入場を検知することが可能です。

Share on Facebook